デスクワークでも骨粗しょう症には気をつけてください

日本はこの十数年で後期高齢者が増え始め、それぞれの症状に合わせて様々なケアや治療が整っています。

なかでも第一次ベビーブームを生み出した世代は日本に多くの貢献をし、今でもその子供たちは日本社会の核として働く人が多いです。そんな団魂世代を産んだ女性たちの多くに、骨粗しょう症http://xn--t8j4aa4nmisa11bucb6337emr9ayl9aqk3ah03d.xyz/という症状が多いと話題になっています。

この骨粗しょう症というのは骨の中の骨密度がスカスカになってしまい、骨がもろくなってしまう症状などを指します。

多く言われているのは骨折しやすくなるということで、今まではなんともなかったつまずきで転んで骨折をしてしまったり、重度の骨粗しょう症の場合はくしゃみをしただけでも骨折をしてしまうというケースも存在します。

そんな重大症状に政府も目を向け、小学校の授業でも骨粗しょう症について学びます。また牛乳や小魚などのカルシウムを意識的に取るように推奨もしています。

女性の悩みとして婦人家系の病気が上げられますが、この骨粗しょう症も女性に多い病気です。デスクワークの女性でもリスクはありますし、今では簡単に骨密度を計測するチェッカーもあるので病院にいって一度調べてみるとこも重要です。

 

職場は人間関係の他に異性に好意を持ってしまう場合も

職場には必ず人間関係という問題がありますが、男性と女性の社員の数が半々ぐらいの場合は恋愛には好意を持ってしまうというケースも見られます。それは20代の若い世代だけではなくて40代、50代でも可能性は十分あります。

特に40代後半~50代前半のバブル世代の人は基本的に目立ちたがり屋という性格なのですが、寂しがり屋という一面も持っているケースが多いです。そのため一人でいると寂しがり常に異性にアピールしたがります。特に行為を持たれた人にとってはすごく厄介なタイプなので注意が必要です。

職場の人に好意を持ってしまうと変な噂が立ってしまう事があってその噂がみんなに広まってしまうと職場に居づらくなってしまいます。そのためなるべく職場で恋愛をするという事は避けた方がいいでしょう。

職場で好意を持たれてしまって迷惑だと思ったら誰でも分かるような距離を置いて意思表示をしましょう。可哀想だから優しくすると逆効果になってしまって最悪ストーカーに発展するケースもあります。

そのため自分の気持ちは正直に表現するという事をキーワードにしておきましょう。